フォント レイアウト リンク・画像 テーブル リスト ページ 特殊文字 小技・雑学
カラーコード お薦めサイト ホーム HP作成ソフト HP作成法

トップページ > 雑学・小技集 > 画像形式について

画像形式の特徴一覧表

拡張子 読みかた 特徴 用途
JPG じぇいぺぐ 色数不問、劣化で軽減 WEB用写真・CG等
GIF ぎふ・じふ 256色以下、減色で軽減 WEB素材等
PNG ぴんぐ GIFに似てる、減色で軽減 WEB素材等
BMP びっとまっぷ 無加工、軽減不可 デスクトップ壁紙等



JPEGとGIFの見え方。
左JPEG・右GIF
どちらも10KBくらいですが、色数の多い写真はJPEGの方が向いてますね。

左JPEG・右GIF
こちらはどちらも2.5KBの画像。色数の少ない画像はGIFが向いています。



使い方を間違えたら損ですよ

たった数色しか使われていない「バナー」を「JPG」で保存させている方がいますが、これは損です。「JPG」は劣化させて保存させる故、数色しか使用されていない画像は汚くなってしまいます。「GIF」は減色で軽減させる特徴があるので、劣化は無く、無駄な色を省けば素晴らしくきれいに表示できます。

逆に、写真などの画像を「GIF」で保存すると、256色以下になってしまいますので、汚くなってしまいます。CGも同様です。色数の少ない素材は「GIF」、写真・CGは「JPG」と覚えておきましょう。



PNGについて
「LZW圧縮法」というデータ圧縮技術を用いた「GIF」ですが、1985年、米国Unisys社の特許になりました。しかし、フリーのGIFファイルを作成できるソフトは一向に留まらず、そのためのおどし(?)でライセンス料を(べらぼうに)とられるようになりました。そのため、以前は沢山あった、フリーのGIFファイル作成ソフトはそのライセンス料を払うために一斉に撤退、あるいはシェアウェアになってしまいました。「お金払ってまで使うか」という考えから、GIFを使わない人が増えました。

そこで登場したのがPNGです。PNGはGIFよりも約1.2倍重いと言われていますが、フリーソフトで堂々と使えるし、GIFの代わりには最適でした。さらにIEで早くから対応していたので問題はありません。あなたも一度はPNGでHPを飾って見てはどうでしょうか?
トップページタグ実験場リンクについて免責事項メール
Copyright © 2001-2006 YukiProduction. All Rights Reserved.
全ページリンクフリー
since03/06/01