フォント レイアウト リンク・画像 テーブル リスト ページ 特殊文字 小技・雑学
カラーコード お薦めサイト ホーム HP作成ソフト HP作成法

トップページ > 雑学・小技集 > ドロップシッピング

ドロップシッピングの特徴
自分で卸業者から仕入れた商品を売り、それを発送して届ける通常のショッピングサイトに対して、ドロップシッピングは、在庫を持たずに、卸業者(またはドロップシッピング業者)から直接発送される仕組みのこと。当然、値段も自分で設定ができる。ユーザーは、販売に専念できるメリットと、在庫を持たないので、金銭的なデメリットは一切発生しない。ただし、卸価格が若干高めである。


アフィリエイトとドロップシッピングの違い
ユーザーからしてみれば、アフィリエイトとの違いが分かりにくい部分がありますが、大きな違いは「好きな値段で商品が売れる」という部分です。利益は以下の例のようになります。

自分の販売設定価格 − 商品価格(元値) = 粗利益(自分に入るお金)
※5,000円のものを、7,000円で売った場合、ひとつ売れれば2,000円の利益になる。


おすすめドロップシッピングサービス
初めてドロップシッピングをされる方は、「もしもドロップシッピング」がオススメです。
ユーザビリティが良いため、使いやすく、商品陳列用タグも容易されているのでブログに貼り付けるだけでショッピングサイトになります。アフィリエイトをやったことのある方には最適です。

ホームページを制作されるのでしたら、手始めにドロップシッピングサイトを制作されるのもおすすめです。 SEOや、デザイン、商品の見せ方など、非常に勉強になります。
    もしもドロップシッピングを利用したショッピングサイト例
  • 総合通販サイト

また、もしもドロップシッピングは頑張らないと稼げないという特徴があります。
逆に言えば、頑張れば少しでも売上げに繋がる可能性が高いのです。
もしもは「初心者教育」にも力を入れており、基本を学ぶことで
独自の方法で売上げを上げる仕組みづくりをつくれます。
まずは基本!ということで、「もしもチャレンジ」というもしも公式の教科書がございます。
デザインからHTML、SEO対策、売る手法が詰め込まれた教科書です。

トップページタグ実験場リンクについて免責事項メール
Copyright © 2001-2006 YukiProduction. All Rights Reserved.
全ページリンクフリー
since03/06/01