広島のホームページ制作会社ペコト広島のホームページ制作会社

ウェブメディアとオウンドメディアの違い、気にしたことある?

こんにちは、あがのです。

え? 『オウンドメディア』と『ウェブメディア』って違うの? って思う人いると思います。 たぶん、違います。

ちょっとうちの話をしますね。もともとフリーペーパーなどの発行に興味があったけど、毎月売上あがらないのに印刷費だけしっかりかかってくる感じがとてつもなく夢物語な状況なので、始めたのがペコマガでした。 ペコマガを始めた当初は、ペコトが所有するウェブメディアだから、=オウンドメディアだと思ってました。だって、オウンドメディアって自己所有するメディアって意味でしょ? そのルールで行けば、ペコマガはペコトが所有するメディアだからオウンドメディア。 その時はウェブメディアとオウンドメディアの違いなんか気にもしてなかった笑

オウンドメディアとは

 一般的に言うオウンドメディアとは、自社が所有するメディア。 このメディアって、紙でもウェブでも電波でもなんでも良いです。 ただ、感覚的には「オウンドメディアとは、自己所有するウェブメディア」って意味だと思います。 TwitterやFacebook、インスタグラムで情報発信してたら、それってオウンドメディアじゃないの?って聞かれることもよくあります。 「使い方的にオウンドメディアと同じだと思うんだけどどうなんだろう?」って。 どうなんでしょう....笑  目的は同じだから、同じかも(適当)。 ただ、5年前だったらその考えでも良かったかもしれないけど、明らかにSNSでのプロモーション能力は低くなってきつつあります。広告運用してる経験者なら納得してもらえるはず。 このオウンドメディアとSNSの関係性、こんど詳しく紐解きます。

ウェブメディアとは

 インターネットを利用したメディアですね... (雑)

オウンドメディアとウェブメディアの違い

 上記の様に、ぶっちゃけ両方ともウェブメディアで、両方ともオウンドメディア。だって、ウェブメディアってだいたい会社が運営してるから、そういう意味ではオウンドメディアなのです。では、違いはなに? 大きな違いは収益構造や目的です。

 特に収益構造自体に大きな違いがあります。

 オウンドメディアとは、自社のプロモーションにつながるメディア。知名度上げたり、売上あげたりといった、今ある事業のプラスを増幅させる。攻撃力という売上増幅と守備力というファン作りが同時におこなえるイメージ、まさにバイキルトとルカニを両方いっぺんに唱えた感じです。たまに、パルプンテ的な感じで、広告収入という臨時収入が得れるときも。 成功してるかどうかの判断は「自社の既存事業にプラスになっているかどうか」。 参考サイトは、LIGさんのLIG BLOGとか、無印良品さんの暮しの良品研究所とか。

 ウェブメディアは、ずばり、そのウェブメディアで収益をあげること。 成功しているかどうかの判断は広告やタイアップなどで「ウェブメディアで収益がプラスになっているか」。 参考サイトはギガジンとか、ギズモードとか、ペコマガとか。

あくまでも考え方の一例だと思って認識していただけると助かります。以上、あがのでした。

次回は「え?今更オウンドメディア始めるの??」的な話をまとめてみようかと思います。